低金利フリーローン110番

MENU

比較的低金利なフリーローンについて

 最近大手銀行など様々な業者が取り扱いCMなどもうたれるようになったフリーローンとは、原則として使途に制限がないローンのことです。使用目的に基本的に制限がないローンでほかに有名な物としてはカードローンがあります。
 カードローンもフリーローンの一種ではあるのですが、フリーローンと言うのは枠内であれば何回でも借り入れができるカードローンと違い融資ごとの契約や審査を必要とします。利点としてはフリーローンはカードローンと比べて比較的簡単にローンが組めるという点と、カードローンに比べると低金利にしっている業者が多い、また人によってはカードローンに比べると借入に自制が効くという事があげられます。
 また両者とも契約によりますが「個人向け」という縛りがありますので、事業資金目的に利用することは出来ませんし、契約によっては生活資金や投機目的などに利用しようとするとこと割られることがあります
 それでは業者ごとのフリーローンの金利の違いですが、これはカードローンやキャッシングとほぼ同じ傾向があります。
 つまり消費者金融系の物が比較的金利が高い傾向にあり、そこから金利が下がるにつれてクレジットカードを発行する信販会社などが行っているフリーローン、そして一般的に一番低い物は銀行系やメガバンク系列となっています。
 ですがこれはあくまでも一つの基準ですし、今はもともとサラ金だった会社でも銀行と提携していることは珍しくありませんし、グレーゾーン金利も廃止され金利の限界がサラ金と銀行企業も20%程度になったので、企業によってはサービスを重視することで金利を高めに設定していたり低金利で数をこなす戦略をしていたりと、業界というくくりで考えるとそこまで大きな差というのは生まれていないというのが現状です。
 ですのでフリーローンを契約したいと考えるのであれば、低金利という所のみに注目をせずに繰り上げ返済のしやすさや借り入れを行いやすいかなど総合的に考えて契約先を考える事をお勧めします。